おむすびの日記

子育てや趣味の映画など、気の向くままに書いてます

お話をしよっか!

毎日、あっという間に過ぎてしまう。

5才と2才の子供とも向き合えているか、ちょっぴり心配です。

朝は急いで支度して、出勤(登園)。

夜、帰宅後はやはり急いで夕飯、歯磨き、おふろ、お布団となる。

遅刻するわけではないのだから、夜はゆっくりしたい気持ちもあるけれど、就寝時間が遅くなると、寝不足➡発熱➡保育園休みとなり、仕事を休むか、病児保育へお願いして急いで退社するか…どちらも大変です。

 

そんなわけで、夜も急いで寝る支度してお布団へ

帰り道やお風呂場で子供達と話をするけど、歩きながら、お風呂に入りながらだと、落ち着いてちゃんと話が聞けていないようなきかします。

早くお布団に入ったときはタイマーをかけて「お話しよっか!タイマーが鳴ったら寝ようね!」と決めてお話を聞くことにしました。

 

5才児のお話を聞くとお友だちのお名前を教えてくれました。なかなか、お友だちが多いことに感心感心。

さて、2才児にも「お話しよっか!」と言うと嬉しいそうに「うん!」と頷く。何を話してくれるのかなぁ~と耳を傾けると…

 

「むかし、むかし、あるところに~、おじいさんとおばあさんがいました!」

 

えっっっ~!ここで、まさかの昔話!しかも2才児が親に昔話を聞かせてくれるのですか!思わず吹き出しそうになるのをこらえて、聞きました!

 

夜、寝る時に絵本を持ってくると、気分が盛り上がってしまって眠れず、ねかしつけに絵本。というのはありません。

私が昔話をすると、5才児も2才児も聞くのではなく、自身がお喋りしたくなっちゃうので、昔話を話してあげることもありません。

それならば、お喋りの時間にして、聞き役になろうと思って「お話しよっか!」としてみたら、2才児が昔話をしてくれました。

保育園では…「お話の時間」=「絵本の読みきかせ」≒「昔話」だからなのか…謎です

 

その後も、早くお布団に入った時は5才児は近況報告、2才児は昔話をしてくれます。

「お話」をした日は、満足なのか、比較的スンナリ寝てくれる事が多いです。

 

満足が一番!わが家のコミュニケーションの一つとなりました!

病児保育へ行きたい!

先日、2才児が熱を出し病児保育園にお世話になりました。

0才から、保育園に行っていましたが、病児保育園に行くとなると、大泣き、泣きすぎて嘔吐が常でした。調子が悪いのに、不慣れな所に連れていかれるのですから、嫌よね。

 

ところが、昨日は変化が!

 

笑顔で行ってきます!をしたそうです。

(パパさんの証言)

 

お迎えに行った時も、スタッフさんから

「大きくなりましたね~!今朝は泣かずにお部屋に入ったんですよ!」とのお話。

 

翌日、お熱も下がり、いつもの保育園に行くところ、病児保育園に行きたい!と主張する2才児。

 

お世話になっている病児保育園のスタッフさんはニコニコで、お話を沢山聞いてくれる様子。楽しいのね~。

 

お熱で、具合が悪くても、安心して預ける事ができる病児保育。有難い存在です。

お弁当、おやつの持参も楽しみのようです。

普段の保育園に行くよりは、手間はかかりますが、それでお仕事を休まずにいられるのは本当に有難いです(私の職場はスタッフが1人減るとかなり大変ですので)

 

病児保育が楽しくなると、少し弊害も。

二人姉弟、どちらが熱を出すと、病児保育の予約。そうすると、元気なもう1人が...

「おなかいたいから、病児保育に行きたい!」

イヤイヤ、それは、困ります!

いつもの保育園へいくようなだめるのも大変です。

でも、それだけ楽しいところなら、お熱の時も安心ですね!

イルカショーを見て

先日、えのすい(新江の島水族館)のイルカショーを見てきました。

 

年間パスポートのお陰で、何度も観ているトレーナーさんとイルカさん達。ほぼ毎回、ショーを見ながら、涙がポロリポロリ...

 

イルカさんの「公開トレーニング」とでも、いいましょうか。「今、こういう練習をしています。こうなると、成功です。皆さんも見守って下さい!」という感じで進みます。

そして、できると拍手喝采!トレーナーさんも「良かったよ~!」「よく、頑張ったね~!」とほめます!

 

ショーという短い時間、成長を見守るという感じ。

 

ああ、我が子にも、こんな風に接しているかしら?

 

子育ての中で、初めて出来た事は、感激もあり「スゴいね!できたね!がんばったね!」夢中でほめるも、2回目からはほめているかしら?

 

一人でお着替えや、トイレトレーニングは、一生懸命ほめて、早くできるようになってもらおう!とこちらの魂胆もありますが、他の事は、あんまりほめていないかもしれません。

 

ご飯を全部食べた!

長い距離を頑張って歩いた!

静かに待っていた!

本当はほめるべきところがもっとあるのに、見落としているかもしれません。

大人になってしまっては、当たり前の事も、子供からしたら凄いことをしているのかもしれません。

でも、つい...

「早く食べなさい!」

「早く歩きなさい!」

「静かにしなさい!」

と、言葉が出てしまう。

 

 

イルカショーを見ると、凄い技も、少しずつトレーニングしてできるようになるんだよなぁ。まずは、トレーナーさんとコミュニケーションをとるところから。

 

「おっ!全部食べたの?今日は早かったね!」

「今日は、おうちまでいっぱい歩いたね!がんばったね!」

「静かにしていたね!えらかったね!

 

ご飯を残してしまっても、おうちまで歩けなくてダッコしても、途中騒いでしまっても、

 

「ここまではできたね!」と言えるようになりたい。

 

子供は、昨日できたからといって、今日できるわけでもない。一進一退、できるようになってくる。

 

5才の娘は

「○○が出来たよ!」の後に

「凄い?」とか

「えらい?」とか聞いてきます。

 

「今日、苦手なお豆腐を減らさずに食べたよ!凄い?」

「今日、うんち出たよ、えらい?」

 →トイレの自立が遅かったので、いまだに聞いてきます。

 

苦手なお豆腐、1回食べることが出来たって、苦手であることに変わりはないはず。がんばってるんだよなぁ~。ここは、いっぱいほめてあげるところだよなぁ~

 

ほめるのは難しい!